シマウマ de 考察

シマウマハウスに住んでいます。ゲストハウス、TED、デザイン、コミュニティ、その他いろんなことについて考えたことを書きます。

読書猿氏の説明するフォーマルな文章に変換する4つの技術を試す

文章を書くのが下手だ。それは自分の考えを論理立てて表現できないからだとずっと思っていたが、それ以外にも下手な理由があることに気がついた。語彙力が圧倒的に足りてないのだ。語彙力が貧しいためインフォーマルな文章しか書けない。そういったわけで自…

コンピュータはなぜ動くのか?

ずっとブラックボックスだったコンピュータについてそろそろ理解してたほうがいいんじゃないかと思ったので、コンピュータがどう動くかについて勉強することにした。 本のタイトルが自分の欲求と完全にマッチングしていたので、この本で勉強することに決めた…

生涯学習を求められる世の中になってきた

1月14日版The EconomistのLeaderは、生涯学習について述べている。主張はこうだ。 www.economist.com 学校教育はもはや技術革新のスピードについていけなくなってしまった。その結果生まれるのが機会の不平等。高等教育を受けられる人は、社会構造が変わろう…

TOEICの点数を伸ばしたい人に向けて書いてみる

TOEICの点数を伸ばしたい人に向けて、何をすればいいかを書いてみた。 自分の立ち位置を理解するまず、自分がどの程度のレベルなのかを把握しよう。自分の居場所がどのあたりにいるのかを知らなければ次に進めない。現状と理想とのギャップを把握し、ギャッ…

グーグルがディープマインド社に求めるもの

The Economist12月17日号のBusinessでは、Alphabet社(グーグルの持株会社)が2014年の1月にロンドンにあるArtificial-intelligence (AI)を研究する会社、ディープマインド社を買収した理由を紹介している。 www.economist.com なぜグーグルはディープマインド…

カジノはオワコンなのかもしれない

一時期前に大阪にカジノを作ろう。という話が盛り上がっていた。経済発展のため外国人を呼び込むツールとして。当時は良い試みやって思ってたけど、実際のところはどうだったんだろう?今考えてみると、結果的にカジノ建設には失敗の終わってよかったのかも…

グローバリゼーションの功罪

10月1月号のThe EconomistのLeader記事ではグローバリゼーションの功罪について述べている。 www.economist.com この記事では、昨今のグローバリゼーションに対する批判は正しくないと指摘している。なぜならグローバリゼーションは人々により多くの機会を提…

若年層の投票率を上げて、政界のインセンティブを生み出そう

若年層の投票率を上げなければならない。でなければ、長期的な視点に立った政策を政府はいつまでたっても行わないからだ。今のままであれば、高齢者を意識した短期的な政策に終始してしまう。なぜならば政治家は高齢者の票を意識した政策を打ち立てるからだ…

英語が聞き取れない3つの原因

海外赴任が決まった友達の英語に対する悩みを解消するために、「英語が聞き取れない悩み」を掘り下げて分析してみた。 その友達だけでなく、その他ほとんどの日本人にも参考になると思ったので、ここに載せておく。 英語を聞き取れない原因を分析すると、大…

チリ建築家アラヴェナ氏が2016年度プリツカー賞

2016年1月13日、「建築界のノーベル賞」とも呼ばれるプリツカー賞の2016年の受賞者に、チリの建築家アレハンドロ・アラヴェナ氏(48)が選ばれた。低価格で住宅の設計を可能にするクリエイティブなアプローチで、社会問題を解決する取り組みを行ってきたことが…

30日間走ってみてわかった3つのこと

TED

MAT CUTTS氏は2011年に行われたTED Talksの講演で、次のようなことを話していた。「30日間新しいことにチャレンジすれば、次の3つのことが得られる。まず1日1日が貴重だと感じられる。さらに自信もつくので、他のことにもチャレンジしやすい。そして、何か本…

なぜ米国は利上げに踏み切ったのか?

米国の金利を上げることになるそうだ。米国の金利が上がるとなると、米国にはどんな影響を与えるのだろう??まず、金利が上がることによって、借りる側の人間は今までよりお金を借りなくなる。金利上昇分を多めに払わないといけなくなるからだ。そのため、…

チャップリンは何を思うか?

今この世界で起きていること。チャップリンがもし生きていたら何を思うんだろうか。きっと悲しむんだろうな。You have the love of humanity in your hearts. どうか憎しみに打ち勝ちますように。 www.youtube.com

第1部書く技術 はじめに まとめ

ビジネスパーソンの悩み わかりやすい文章を書きたいけど、なかなかうまく書けない。そのくせ、仕事では文章を書く作業が多すぎる。なんとまあ、厄介で仕方ない。そんな人が多いのではなかろうか? わかりにくい原因は「文体」が問題なのか? 「ひとつひとつ…

ピラミッド・プリンシプル序文まとめ

いきなりではあるが、ピラミッド・プリンシプルを再読することを決めました。記憶の定着化をはかるために、読み終えた章ごとに自分なりに要約をすることを決断した。 久しぶりではあるが、早速、序文のまとめをここに記載する。 www.amazon.co.jp ピラミッド…

1ヶ月プログラミングを勉強してみた学んだこと3つ

1ヶ月間の短期集中プログラミング学習カリキュラムが無事終了。達成率80%くらいというところ。 正直最後の方は辛かった。学習内容が高度になるにつれ、コマ切れだと全然アタマに入ってこないからだ。だからたっぷりと時間を取れるときにしかサクサク進めない…

高速道路なう

今プログラミングを学んでます。文系出身のため本当に真っさらな状態からのスタートです。 勉強し始めて2週間くらいが経ちますが、これがまた面白い。有償のサービスを通して受講しているのですが、カリュキラムが受講者を飽きないように作られているという…

もし僕がいま25歳なら、こんな4つのやりたいことがある

松浦弥太郎さん著の本を読みました。 <a href="http://www.amazon.co.jp/%E3%82%82%E3%81%97%E5%83%95%E3%81%8C%E3%81%84%E3%81%BE25%E6%AD%B3%E3%81%AA%E3%82%89%E3%80%81%E3%81%93%E3%82%93%E3%81%AA50%E3%81%AE%E3%82%84%E3%82%8A%E3%81%9F%E3…

近畿大学卒業式で堀江さんが本当に伝えたかったこと

平成26年度近畿大学卒業式にて堀江貴文さんが卒業生に向けてスピーチを行いました。 www.youtube.com 心に深く刻まれた内容でした。スピーチの長さが16分と絶妙。自分の頭で再度咀嚼したかったので、堀江さんが話していた内容をまとめました。 ちなみに今回…

リオ五輪にやってくる38万人をAirbnbが救う

短期空き部屋レンタルプラットフォームサービスを繰り広げているAirbnbについての更新記事です。 2016年に開催されるリオ・オリンピックのスポンサーにAirbnbも選ばれたというニュースが入ってきました。 <a href="https://newspicks.com/news/902359/body/" data-mce-href="https://newspicks.com/news/902359/body/">深刻なホテル不足。「Airbnb」はリオ五輪の救世主と</a>…

終わりと始まりの季節

4月です。企業や学校に属している方々だと今日から新しいシーズンを迎える人も多いのではないでしょうか。まだ企業に属している私も同様に本日から新しい年度の始まりになります。 始まりがあれば終わりもあるというのが世の常です。かくいう私も3/30に久々…

フックと本質的な価値

問題解決型デザインではないデザイン。スペキュラティブ・デザインの記事を前回書きました。 その記事では、ロンドンを拠点として活動している「Superflux」が紹介されている記事も紹介しています。 Superfluxが行った一つの活動に、自宅のWi-Fiを無料に解放…

「問い」を生み出す!スベキュラティブ・デザインとは?

デザインとは問題解決である。 僕は長らくこの考えを持っていました。もう少し詳しく言うと、デザインとは現状をよりよくするための問題解決をする行為であり、それを実現させるために具体的なものや仕組みを作り上げること。だと思ってました。 具体的な例…

玄関前に見知らぬゴミが捨てられていたら

今朝、70L用の見知らぬゴミ袋が3袋くらいが玄関の前に置いているのを発見しました。 出社前ということもあり、かなり不可解に感じながらも素通りして、家から5mくらい離れているゴミ置場へ自分の(家から持ってきた)ゴミを捨てました。 そのまま会社に向か…

Airbnbの今後の展開が楽しみ

このブログでも紹介したAirbnbが200億ドル(日本円でいうおよそ2兆円)の資金調達ができそうな段階であるというニュースを目にして凄いなと思ったので。 Airbnbはユニークな宿泊施設を予約・掲載・発見できるソーシャルネットワーキングサービス。 一般の人…

これから利益の話をしよう 「ゲストハウス編」

ゲストハウスを運営したい。 けど、始めたとしてもうまく運営できるか不安。利益は出せるの?そもそも利益構造ってどうなっているの? というわけで、今回はゲストハウスを立ち上げたときに得られる利益がどれくらいなのかをシミレーションしてみたいと思い…

ちきりんのアタマで考えよう

2011年に発売されたちきりん女史によって書かれた「自分のアタマで考えよう」を再読しました。 &amp;amp;amp;amp;amp;amp;amp;lt;a href="http://www.amazon.co.jp/%E8%87%AA%E5%88%86%E3%81%AE%E3%82%A2%E3%82%BF%E3%83%9E%E3%81%A7%E8%80%83%E3%81%88%E3%8…

キャノン?ニコン?一眼レフカメラを買うときに持っておきたい2つの着目点

「一眼レフカメラの購入を考えているんですけど、キャノン?ニコン?どっちを買えばいいでしょうか?」 という質問をこの前受けました。 質問者であるミドリ(仮)は迷っています、どちらのメーカーわ選べばいいのかどうかを。 なぜ彼女は迷っているのか? …

アレハンドロ・アラヴェナの建築哲学とは?

デザインの持つ力 過去3回にわたって、チリの建築家、アレハンドロ・アラヴェナ氏のTED Talkを解説してきました。 私の建築哲学―コミュニティが参加するプロセスを アレハンドロ・アラヴェナ: 私の建築哲学―コミュニティが参加するプロセスを | Talk Video |…

デザインの統合する力で都市の環境問題を解決 アラヴェナ氏の3つ目の事例紹介

前回の投稿から引き続き、アラヴェナ氏の話第3弾。 チリの建築家、アレハンドロ・アラヴェナ氏はTED Talksで地球規模の問題に対する3つの取り組みについて話していました。 今回のテーマはTsunami(自然災害)について。 地震・津波の被害を受けた都市の復興…

地球規模の問題に対する建築・コミュニティデザインのアプローチを考えてみる アレハンドロ・アラヴェナのプロジェクト その2

前回の投稿から引き続き、アラヴェナ氏の話をしたいと思います。 チリの建築家、アレハンドロ・アラヴェナ氏はTED Talksで地球規模の問題に対する3つの取り組みについて話していました。 1. Cities(都市化)2. CO2(サステナビリティ)3. Tsunami(自然災害…

地球規模の問題に対する建築・コミュニティデザインのアプローチを考えてみる アレハンドロ・アラヴェナのプロジェクト その1

前回紹介させて頂いたイーロン・マスク氏の対談記事を通して、「デッカい視点でモノゴトを考えることも大事である」という感想を書きました。でも、地球規模の問題からモノゴトを考え出すと、そもそもがあまりにも大き過ぎて具体的なこと、自分の範囲内でで…

イーロン・マスク氏の大いなる夢を聞いて考えたこと

TED

未来を変える男がいるという。 イーロン・マスク氏という南アフリカ共和国出身のアメリカの起業家である。 スティーブ・ジョブズ氏を超える人物とも言われており、2013年には米ニュース雑誌であるTIME誌で2010年「世界でもっとも影響力のある100人」の中で、…

なぜピラミッド構造を用いることで、わかりやすく伝えることができるのか?

前回、論理的であることの大切さについて論理的に語ってみるを書きましたが、今振り返るとあんまり論理的に書けてなかった。改めて自分の考えを論理的に伝えることって難しいなって実感。 そこでこの年末年始の休みを使って、論理的思考能力が身につくと言わ…

論理的であることの大切さについて論理的に語ってみる

ここ2週間ほどで3つの山に直面した。 1つは将来のプロジェクトのために越えるべき山1つは今の仕事で越えないといけない山もう1つは、将来のためでもあり、今の仕事のためにもなるので、どうにか越えたい山 それらの山を越えるために、共通で必要となったもの…

「問題解決型ミッション」と「新価値提案型ミッション」 その2

新価値提案型ミッションとは何なのか? イメージとしては、 「決して現状に不満があるわけではないが、この考え方、価値観を持つようになれば、今より満足度が上がるはずだ」。 要するに新しい価値観を提案して世の中をよりよくしたいというのが起点となって…

「問題解決型ミッション」と「新価値提案型ミッション」

ミッションをつくる道筋として、大きく分けて2つの型がある。 それらをここでは「問題解決型ミッション」と、「新価値提案型ミッション」と言うとする。今回は前者に対して具体例を挙げておさらいする。 「問題解決型ミッション」 問題解決型ミッションをは…

ミッションを掲げて行動にうつすことで、思いがけないインパクトを社会に与えることがある

タイトルにある通り、ミッション遂行→想定していないアウトプットが生まれる。 っていうことが起こるときがある。 先日紹介したAirbnbを例にとると、 彼らのミッションは 「旅行に対する人々の価値観を変える」 という自分たちの価値観の押し売り感があるも…

Airbnbに学ぶ「ミッションの作り方」

暮らすように旅をしよう (Belong Anywhere) をキャッチフレーズとして掲げているAirbnb Inc.先日紹介した株式会社星野リゾートのように、ミッション等の言及をされている記事が見つからなかった。ということで、自分なりミッション・ビジョンをまとめてみた…

星野リゾートから学ぶ「ミッションの作り方」

ミッションはどうやって作ったらいいのか? 「すべての創造は模倣から出発する。そして創造が真の意味の創造であるためには、その創造のための模倣が、創造的模倣でなければならない」by 池田満寿夫『模倣と創造 : 偏見のなかの日本現代美術』 ということで…

まず踏むべき始めのステップ

まず最初に何をするべきか? モノゴトを始める上で具体的に何から手をつければいいんだろうか? まず行うべきは、「Missionの明確化」である。できれば明文化するほうがなお良し。あらゆることを始めるために必ず必要になってくるもの。 なんで必要なのかっ…

高円寺ゲストハウスプロジェクト始動

2014年秋、決めました。高円寺にゲストハウスを作ります。理由はシンプル、楽しそうだから。 自分なりの今後の計画をかなりざっくりと立ててみた。 Phase 1. ゲストハウスを作る→Phase 2. ゲストハウスを運営する→Phase 3. ゲストハウスをプラットフォームと…