読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シマウマ de 考察

シマウマハウスに住んでいます。ゲストハウス、TED、デザイン、コミュニティ、その他いろんなことについて考えたことを書きます。

フックと本質的な価値

問題解決型デザインではないデザイン。スペキュラティブ・デザインの記事を前回書きました。 その記事では、ロンドンを拠点として活動している「Superflux」が紹介されている記事も紹介しています。 Superfluxが行った一つの活動に、自宅のWi-Fiを無料に解放…

「問い」を生み出す!スベキュラティブ・デザインとは?

デザインとは問題解決である。 僕は長らくこの考えを持っていました。もう少し詳しく言うと、デザインとは現状をよりよくするための問題解決をする行為であり、それを実現させるために具体的なものや仕組みを作り上げること。だと思ってました。 具体的な例…

Airbnbの今後の展開が楽しみ

このブログでも紹介したAirbnbが200億ドル(日本円でいうおよそ2兆円)の資金調達ができそうな段階であるというニュースを目にして凄いなと思ったので。 Airbnbはユニークな宿泊施設を予約・掲載・発見できるソーシャルネットワーキングサービス。 一般の人…

これから利益の話をしよう 「ゲストハウス編」

ゲストハウスを運営したい。 けど、始めたとしてもうまく運営できるか不安。利益は出せるの?そもそも利益構造ってどうなっているの? というわけで、今回はゲストハウスを立ち上げたときに得られる利益がどれくらいなのかをシミレーションしてみたいと思い…

アレハンドロ・アラヴェナの建築哲学とは?

デザインの持つ力 過去3回にわたって、チリの建築家、アレハンドロ・アラヴェナ氏のTED Talkを解説してきました。 私の建築哲学―コミュニティが参加するプロセスを アレハンドロ・アラヴェナ: 私の建築哲学―コミュニティが参加するプロセスを | Talk Video |…

デザインの統合する力で都市の環境問題を解決 アラヴェナ氏の3つ目の事例紹介

前回の投稿から引き続き、アラヴェナ氏の話第3弾。 チリの建築家、アレハンドロ・アラヴェナ氏はTED Talksで地球規模の問題に対する3つの取り組みについて話していました。 今回のテーマはTsunami(自然災害)について。 地震・津波の被害を受けた都市の復興…

地球規模の問題に対する建築・コミュニティデザインのアプローチを考えてみる アレハンドロ・アラヴェナのプロジェクト その1

前回紹介させて頂いたイーロン・マスク氏の対談記事を通して、「デッカい視点でモノゴトを考えることも大事である」という感想を書きました。でも、地球規模の問題からモノゴトを考え出すと、そもそもがあまりにも大き過ぎて具体的なこと、自分の範囲内でで…