シマウマ de 考察 @ニューヨーク

ニューヨークに住んでいます。見たもの、感じたこと、考えたことについて書いていきます。

キャノン?ニコン?一眼レフカメラを買うときに持っておきたい2つの着目点

「一眼レフカメラの購入を考えているんですけど、キャノン?ニコン?どっちを買えばいいでしょうか?」

という質問をこの前受けました。

 

質問者であるミドリ(仮)は迷っています、どちらのメーカーわ選べばいいのかどうかを。

なぜ彼女は迷っているのか?

それはおそらく何を基準にしてカメラを選べばいいのかが分かっていない”からでしょう。

そうすると、私がミドリに対してしてあげることは、

普段プロやカメラ玄人が一眼レフカメラを購入する際に着目する点を教えてあげるということだと思うのです。

 

というわけで今回はプロやカメラ玄人はどんな点に着目しているのかをみていきましょう?

・メーカー毎の特徴に着目している

・実は自分の五感に頼っている

ざっくり分けてこの2点です。

 

まず大前提として、キャノン・ニコン両メーカーのカメラはどちらも性能は優れています。

現に世界の一眼レフカメラ市場を見ても、そのことは明確です。

全体のおよそ80%をこれら2つのメーカーが占めているのですから。

(2013年度レンズ交換式カメラ世界台数シェア:キャノン44%、ニコン34%、キャノン、ニコンの実績よりシェアを推定)

だからまあどちらを選んだとしても後悔しないと思うんです。

 

ただそれを言ってしまっても、ミドリさんの抱えている問題の解決にはならないので、プロの着目点をいっしょに見ていきましょう。

 

メーカー毎の特徴に着目している

さて、遜色のない性能を携えている両社のカメラなのですが、細かい性能の特徴を見ていくと、実は違いがあるんです。

というのもそもそもの開発思想が違っているからなのです。

その違いが最終消費者に届く製品にもしっかりと反映されているのですね。

 

キャノン:「写真を見る側」を意識

ニコン:「写真を撮る側」を意識

 

「写真を見る側」を意識して作られたキャノンのカメラ

キャノンのカメラは「写真を見る側」のことを意識して製品を開発していると言われています。

実際の目で見たものよりも、”綺麗に”写るようにカメラ自身で色やコントラストを補正しているのです。

白色に強いのが特徴的で、綺麗な純白が繊細に映し出すこともできます。

ブライダルの商材やモデルを撮影する場合には「美しさが表現できるキャノンのカメラ」で撮られてることが圧倒的に多いのがその理由の一つです。

肌感も綺麗に写せるので、ポートレートにも適しています。

シャッタースピードニコンより早いことも有名な話。

スポーツ中継でキャノンのカメラマンをよく見かけるのはこういった理由からなんですね。

 

「写真を撮る側」を意識して作られたニコンのカメラ

一方、ニコンは「写真を撮る側」のことを意識して製品を開発していると言われています。

実際の目で見たものを”正確に”そのままの色味やコントラストで写し出せるように作っていると聞きます。

キャノンとは逆に、黒に強いっていうのが一般的に知れ渡っていて、

実際に髪の毛の黒色や夜景の黒を、より鮮明に写すことができます。

黒に強い特徴が生み出す「凄み」が評価されていることから、アーティスト好みのカメラとも言われています。

また、レンズにもすごくこだわりを持って作ってるところも評価されており、

例えば、背景ぼかしや、風景を撮るってのは、ニコンの方が向いているのもよく聞く話。

 

人物写真をメインに撮ることが多い、撮った写真をそのままSNSでアップしたいって人 →キャノン

風景などメインに撮ることが多い、見たものをそのままの状態で残したいって人 →ニコン

を選ぶと良いかもしれない。

 

 

実は自分の五感に頼っている

しかしながら、前述した違いは本当に”プロ目線”で分かる違いです。

だから、(長々と説明しておいて何であるが)初心者の方がカメラを選ぶときはそこまで考慮に入れて考えなくてもいいと個人的には思っています。

「強いて言うなればこんな特徴があるんだ」ということを頭の中に入れておけばいいレベルの話。

それよりもむしろ大事にしたいのは「いかにフィットするか」「愛着がわくか」という点です。

つまり、五感に頼って選ぶのが大事なのです。

実際にプロの方にもこの五感を大事にしている人も多いと聞きます。

具体的にどのような部分を大事にしているかを見ていきましょう。

 

触ってみたときの感覚

カメラを持った時のグリップ感、シャッターボタンの押し具合。

あとはシャッター音とかもこだわって選ぶ人も意外と多いと聞きます。

長く使うものなので、持った時のフィーリングは非常に大事なんですね。

お店でじっくり触るのもいいし、もし近くに使っている人がいるなら実際に撮らしてもらうのが一番いいでしょう。

 

外観の好み

色とか大きさ、形ですかね。

重さもかなり重要かもしれません。一眼レフはたいがい重いですから。

これも実物を見て選んだほうが絶対にいいと思います。

今だと家電量販店に行けばたくさんのラインナップがあるので、実際に足を運んでみてください。

 

 

あーだこーだ言いましたが、結論を述べますと、

一眼レフカメラ購入の際にキャノンかニコンのどちらを買うか迷っている時には、

両メーカーの性能の違いを一応理解しつつ、最終的には自分の五感を頼りに選んでください。

選ぶ際には実物に一度は触れてみましょう。

 

ミドリの問題が解決したかどうかは置いておいて、

この記事が、一眼レフを購入する際に少しでも役に立つことがあれば幸いです。