読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シマウマ de 考察

シマウマハウスに住んでいます。ゲストハウス、TED、デザイン、コミュニティ、その他いろんなことについて考えたことを書きます。

玄関前に見知らぬゴミが捨てられていたら

今朝、70L用の見知らぬゴミ袋が3袋くらいが玄関の前に置いているのを発見しました。

出社前ということもあり、かなり不可解に感じながらも素通りして、家から5mくらい離れているゴミ置場へ自分の(家から持ってきた)ゴミを捨てました。

そのまま会社に向かうために駅へ向かおうとすると横から、近所に住んでいると思わしきおじいさんが、

 

「そのゴミはちゃんと分別してる?昨日分別してなかったゴミはあそこに置いておいたから!」

 

「はっ??」

 

 

すぐに気づきました。要するに我々が疑われた結果、玄関前にあんな大量のゴミが置いてあったのだと。

いきなり話してきたおじいさんは片岡さん(仮)といって年齢は現在70歳。私の家から路地を挟んで向かいにある列の4軒くらい離れたところに住んでおり、この辺りのゴミ収集カゴの出し入れをする責任者のようでした。


片岡さんは、昨日、缶もペットボトルも何もかも分別されていないゴミ袋3つ、がこれまた路地を挟んだすぐ側にある宮脇さん(仮)の家の前に捨ててあったのを見つけたらしい。


その宮脇さんを気の毒と思った片岡さんは、この近辺で一番疑わしい存在である我々が住んでいる家の前に、そのゴミを移動させたのだ。


疑われた理由は想像つきます。我々が若者4人でシェアハウスに住んでいるからでしょう。ただそれだけの理由で、根拠もなしに人の家の前に大量のゴミを置くのはいかがなものか?
根拠もないのになぜそんなことをするのか?と問い尋ねると、
「君たちが一番怪しかったから。宮脇さんも困っていたし。」としか返ってくるのみ。

この家に3年以上住んできたこと。
それにも関わらず、今までこのような事態がなかったこと。
ゴミの種類ごとに分別できるゴミケースを見せたこと。
で、なんとなく疑いは晴れたのですが、

ゴミ袋を私の家の前に置いているものは、どこかべつのところへ移して下さいね。
そう告げても、「それはできない。宮脇さんが可哀想になるから」

とにかく、我々のゴミじゃないので対処してくださいよ?とサイドこちらが伝えると、「じゃあどうやって対処したらいいのか教えてよ。」

このやりとりが何回か繰り返されましたが、出社の時間が迫っていたので、とりあえず切り上げてその場を後にした。

 

朝の、おそらく1日でもっとも価値が高いとされている時間に、無分別で大量のゴミを捨てたと犯人に疑われた挙句、その疑いが晴れると今度は対処法を求められるという、あまりに理不尽な経験を久しぶりにした。

片岡さんに対して、「根拠なしに人を疑って(論理的でない)、自分のウチを守ることしか考えない。しかも対処策も自分で考えないという最低な人だ!」くらいに思っていた。

 

その直後は。

 

でもゆくゆく冷静に振り返ると、片岡さんにも良い点があること、そして自分の反省点もわかってきた。

 

当事者意識がある人とない人の行動は大きく変わる

まず片岡さんの良い点。

改めて思ったのが、彼には責任感があるこたである。宮脇さんの家の前に置かれていたゴミをなんとかして対処しないといけない、という想いで我々の家の前に移動させたのであろう。

対処方法がどうであれ、人のために動いた事実は評価するところではないだろうかと今なら客観的にそう思える。

ただし、対処方法は本当に良くないから、正しく考える方法を学ぶ必要があるだろうね。少なくともそれをされた人々がどう感じるかの想像力を持って欲しい。

 

私の反省点。

まず冷静さを失ったこと。何の根拠もなしに勝手に人から疑われた事実に対して、そして私の話すことを全く聞く耳を立てなかった事実に対して、冷静さを失っていた。

その結果、被害者意識が収まりきらず、解決策をいっしょに考えることができなかった。

また、当事者意識がなかったことにも起因していると思います。

もし仮に「住んでいる街は自分たちで良くしていかないといけない!」みたいな思想を持っていれば、今回のゴミ問題に対して当事者意識が働いたんたんでしょう。

すると今回の件もいっしょに親身になって解決策を考えてたかもしれない。それを考えると、ちょっと無責任だったなと反省。

ゴミ収集カゴを準備する担当だという事実が、片岡さんの当事者意識を醸成したんだろうと思いました。

 

とういわけで、

もし玄関前に見知らぬゴミが捨てられていたら、

それに対して困っている人がいること、自分の街は自分で綺麗にすることもときには必要であるということ、

を思い出して、自分で分別してゴミを捨てようと思います。

 

それにしても、当事者意識を持つことって本当に大事ですな。それを持っているかどうかで、その後の行動の仕方が全然変わってしまう。