シマウマ de 考察 @ニューヨーク

ニューヨークに住んでいます。見たもの、感じたこと、考えたことについて書いていきます。

TEDに学ぶ、面白い文章を書く4つの秘訣

面白い文章が書けない。冗長になる。


書いた自分でさえも、読み返すのが苦しくなることがある。どうやって、簡潔にそれでいて面白い文章を書くことができるのか?

そんなことを考えていたときに、TEDの主宰クリス・アンダーソンのTEDトークが思い浮かんだ。12年以上の間、何百人ものTED講演者たちの話を最前列で聞いてきた彼。本番に向けての準備も手伝ったりもするそうだ。そんな彼だからこそ発見できた「TEDが素晴らしいスピーチを生む秘密」をその動画では共有してくれている。ここではトークについて言及しているが、ブログのような媒体でも考えを主張しているのは同じなので、とても参考になる。彼の言いたいことを一言に凝縮すると、次のように表すことができる。

www.ted.com

奇妙だけど美しいアイデアという贈り物を届けること。
a strange and beutiful idea

何だか当たり前なことを言っており、これを聞いただけだとガッカリしてしまいかねない。しかしその後で、面白いアイデアをうまく伝える方法を、イデア構築をする上で取り組むべき4つの指針とともに説明してくれている。

 

1. 主要なアイデアは一つに絞ること
イデアというものは複雑なものであり、人に伝えるのはかなり難しい行為である。だからアイデアを人に伝えるときは1つだけに絞り込む必要がある。始めのほんのわずかな時間でアイデアを伝え、残りの時間を使って、主張した1つのアイデアを相手に理解してもらわなければならない。そのために背景を説明したり、例をあげたりしてアイデアを鮮明に描き出す。選んだ一つのアイデアがスピーチ全体を貫く根底となり、話すことのすべてがそこに繋がるようにすることが求められる。

 

2.聞く人に関心を持つべき理由を与えること
しかしながら、いかに強いアイデアを持っていたとしても、聞く人に関心がなければそもそも聞いてもらえない。だからまずは話すことに関心を持ってもらわなければならない。関心を持ってもらう一番効率が良い方法は何か?好奇心を持ってもらうことだ。つまり最初に、聞き手(読み手)の好奇心を掻き立てればよい。そのためにはどうすればいいか?テンションを張るのだ。聞き手の頭の中に疑問を生み出すのだ。

 

3.聴衆が既に理解している概念を使って1歩1歩アイデアを築いていくこと
イデアを絞り込んで、聞き手の好奇心も掻き立てることができたら、あとはアイデア一つずつ丁寧に伝えていけばいい。コツとしては聞き手が既に持っている概念を関連付けるための言葉やたとえを使うとよい。ただし自分の言葉ではなく、相手の言葉をつかう。クリス氏が挙げている一例がとても分かりやすかったのでそのまま使用させてもらう。サイエンス・ジャーナリストであるジェニファー・カーンはCRISPRというバイオテクノロジーのものすごい技術をこんな風に説明した。

「DNAのためのワープロが初めてできたようなものです。CRISPRを使うと、すごく簡単に遺伝情報のカット&ペーストができるんですよ。」

このような鮮やかな説明は頭の中にはまり込んだ時に満足感を伴うひらめきの瞬間をもたらす。

 

4.アイデアはみんなに知らせる価値のあるものにすること
イデアを考えるにあたり、必ず考えなければならないことが「そのアイデアで恩恵を受けるのは誰か?」ということである。もしそのアイデアが自分や自分の組織にしか役立たないならみんなに知らせる価値はない。アイデアに誰かの心を明るくするとか、誰かの考え方を良い方に変えるとか、物事のやり方を変えるよう促す力があると思うなら、それは知らせる価値のあるものなのだ。

NYでライターをしている友だちも言っていた。ものを書くことの秘訣は、自分の興味のある分野にトピックを絞り、文章内にテンションを張る(疑問を持たせる)こと。そしてその緊張の糸をひとつ一つ解くようにに説明をしていけばいい。まさにクリス氏と同じことを言っているではないか。これを意識して文章を考えれば、少しは面白い話が書けるようになるんじゃなかろうか。

Nowhere to hide

 f:id:TAC-0008:20170918230612j:plain

The Economist Sep 9th 2017のLeader記事。顔認識技術の話なのに、まるで関連なさそうなタイトル。The Economistのタイトルはこんな感じにひねりがあることが多い。まあそれが好きなところでもあるのだが。一方で、彼らはいつも副題で全てを語る。
Facial recognition is not just another technology. It will change society.
顔認識は単なるテクノロジーではなく、社会を変える力がある。どういうことなのかは、本文を読み進めれば分かるという構成になっている。いつ読んでも惚れ惚れする組立だ。
www.economist.com

顔認識の技術って?

「顔認識って指紋認証の顔面版。iPhone X(テン)に新しく採用される技術よな」くらいの認識だったのだが、どうやらそれだけではないらしい。顔認識の技術がどれくらいすごい技術なのかを説明するために、まず顔がどんな役割を持っているのかについて簡単に触れる。人の顔ってのは、自分たちが思っている以上に多くの情報が含まれている。喜怒哀楽はもちろん、緊張しているときや嘘をついているときも顔の表情で分かってしまうことが多い。今まではその判断ができるのは繊細な変化を見分けられる人間しかできなかったけど、それがコンピュータでも可能になってきている。実際、アメリカや中国、ヨーロッパで顔認識を応用したアプリが増えているという。ウェールズでは警察の捜査に使われている。
で、この人間の能力の置き換えとなりえる技術がコンピュータにも備わりつつあり、かつて人間の生活に多大なる変化を与えた、飛行機やインターネットと同じくらいの力を持っている。と、この記事では伝えられている。まだ情報を保管し、蓄え、分析する技術を安く速く活用するまでには至っていないが、それは時間の問題であり必ず訪れる。では、果たしてどのようにして社会を変えるのか?

 

プライバシーと公平性

まず真っ先に挙げられるのがプライバシー問題。顔認識の技術がますます進んでいくと、顔自体がIDとして機能する可能性が高い。似ている顔は存在しても全く同じではない、双子でさえよく見れば違いがある。つまり顔の持つ情報は唯一無二であり、だからこそIDとして機能するのだ。実際ロシアの顔認識を用いたSNSのサービス(VKontakte)では70%の正確性があるらしい。身近で言うと、国外旅行者にはこの技術は大いに役立つだろう。顔がID代わりになれば、パスポートを持ち歩く必要がなくなるからだ。ドライバーライセンスなんかも必要なくなるかもしれない。一方で、たとえば犯罪者たちはたまったもんじゃない。カメラに映ってしまった時点で、正体を突き止められてしまうから。それを証拠にアメリカではFBIがこの技術を重宝しているらしい。中国では国民すべてに政府発行の顔写真つき身分証明書を発行している。この場合、仮に中国政府がその情報と顔認識システムと連結させれば、顔を見ただけで、その人の個人情報が手に取るように分かるのだ。常に顔を隠すわけにはないので、そうなるとプライバシーなんてものはなくなる。スタンフォード大学の実験結果では、認識システムに顔写真を見せただけで、その人がゲイであるかどうかが分かるそうだ。しかもその正答率は人間より高い。(人は61%の正答率、システム は81%)

そうなってくると、この技術は差別を助長する可能性も大いに秘めていることとなる。今でも人種によって採用するかどうかを決める会社もある。(日本では想像しにくいけどね)そういった場面で、顔認証システムを使えば、大量に早くそれが処理できるわけ。だからそういう人たちにとってはめちゃくちゃ有効に使える。採用の場だけではなく、ナイトクラブなんかでもその技術を使って、この人は暴力的なのかどうかを判別するなんてこともできる。他国への入国とかもそうなっちゃうのかも。要するに、今まで見た目や人種に偏見を持っていた人にとっては、かなり楽なツールとして使える。

そういった問題にさっそく取り組んでいるのが欧州。欧州ではすでにいくつかのルールを作っており、来る顔認証時代に備えている。たとえば、顔認証システムを用いるのには当事者の同意が必要にするだとか、企業で使う場合は、顔認証システムのログを監査に見せなければならない仕組みを作る予定だとか。こういったプライバシーや公平性への取り組みは欧州がやはり早い。果たして日本ではこのような時代に対して考えてる人はいるのだろうか?

 

顔認証が広まる土壌

だがしかし、そういったルールを定めたとしても、この世界が顔認証システムが使いやすい土壌になる流れは止まらない。カメラの数は今後もますます増える一方であり、今のAIアルゴリズムを使えば変装さえも見破るという。それはつまり、どこにいても顔を判断されてしまうのだ。どこにいても誰かに自分の個人情報を知られてしまう恐れがあるということ。この流れに異議を唱えるGoogleなどの企業もあるがFacebook、Amason、MicrosoftApple、そして政府も技術採用に乗り気だ。インパクトのある企業が続々こういったサービスを生み出すとなるとやっぱり社会は変わっていくのだろう。

最後にちょっと面白くもあり、怖くもあった箇所にも触れていく。顔認証技術の発達によって、人々の関係性も変わっていくかもしれない。人のつながりって、日本だけじゃなく、どんな国でもある程度の本音と建て前がある。そして建て前が潤滑油となって人々のかかわりをスムーズにしてくれている。しかし顔認証システムを使えば、その建前に隠されている本音も読み取ることができるのだ。だから、あくびを我慢してる表情や、イライラを押さえている表情も相手にばれてしまうかもしれないのだ。まさに、Nowhere to hide。隠れるところがなくなってしまうということだ。

日本の喫茶店をサードウェーブに

f:id:TAC-0008:20170918223443j:image

ブルーボトルコーヒーネスレに買収。ただの売り抜けではなくブルーボトルのCEOもそのまま残るようである。お互いのメリットを考えてみると、こんな感じだろう。

ブルーボトル側としては、資金繰りの心配がなくなるので、今後は新しい取り組みや、店舗拡大がやりやすくなる。ネスレ側は、ブルーボトル・ブランドを使って家庭用のコーヒー製品を作ることができる。それをうまくマーケティングして売るというわけだ。

ブルーボトルやるなぁ。と率直に思う。コーヒーの本質を楽しむ。という新しい流れ/市場を創ったからだ。サードウェーブ・コーヒーとして人気に火がついたブルーボトル、そんな彼らが日本の喫茶店にインスパイアして始めたのは周知である。だとしたら、日本にある喫茶店もサードウェーブの流れに乗れるのではないだろうか?

日本にある喫茶店のイメージは、味わい深いけど、どこか居心地悪いかんじ。もちろん常連さんになってその店のオーナーと知り合いになればそんなことは吹き飛ぶわけだか、一見さんの場合だとそもそも店に入りづらい。だったらそこを改善すればいいのではなかろうか。入りやすいたたずまいにして、店内では居心地の良い環境を備える。それでいて耳障りのよい音楽を鳴らして、接客対応が良いスタッフがサーブすれば、流行るのではないだろうか。

なんて考えてはみたけど、そんな店ってすでにたくさんありそう。結局そういう店と凌ぎを削らなければならないのである。世の中そんなに甘くはなさそうだ。

http://www.asahi.com/sp/articles/ASK9H2CHKK9HUHBI006.html 

good enough to eat

観光客だけでなく、NY住民にも話題の人気朝食店。
早起きをしてわざわざアッパーウェストまで行ってきた。
店内サービスの効率性は相変わらずのアメリカクオリティ(サーブが遅い)であるが、
料理の味、味のある木材の内装、フレンドリーなサービス、客のにぎわいが見事にマッチングしており、並んででも食べに来る価値はあるかなと。
繁華街からは遠く離れているものの、セントラルパークには歩いて行けるロケーションというのが、「日曜日の朝食」にピッタリ。

Barカウンターもあり、お酒も飲めるので、Dinnerにてしっぽりお酒を味わうのもなかなか良さそうなので、今度は夜に来たい。

goodenoughtoeat.com

f:id:TAC-0008:20170911015456j:plain

f:id:TAC-0008:20170911015605j:plain

f:id:TAC-0008:20170911015617j:plain

f:id:TAC-0008:20170911015701j:plain

f:id:TAC-0008:20170911015707j:plain

f:id:TAC-0008:20170911015732j:plain

f:id:TAC-0008:20170911015823j:plain

f:id:TAC-0008:20170911015913j:plain

ニューヨーク滞在2年を経て考えたこと

f:id:TAC-0008:20170829104439j:plain

ニューヨークに来てから2年が過ぎた。渡米前に考えたやりたかったことリストはほぼチェックを入れることができた。スポーツだと、テニスのUS Open、MLBNBAやNHLの観戦は完了。ミュージカルやジャズ、音楽フェスにも行くことができたし、好きなバンドのライブにも行くことができた。観光がてら自由の女神ももちろん見た。ステーキやベーグルも食べた。

何もせずに過ぎて行った

一方で、居住者としてのニューヨークは何も経験できていないと感じる。街角で旅行ツアーの勧誘を受けることはなくなったし、短期間の旅行者では経験できないようなことはできているけど、それでも日本で暮らしていた高円寺のように行きつけの場所ができたわけでもなければ、現地アメリカのソウルメイトができたわけでもない。自宅からマンハッタンが電車で1時間行ったところにあるのもひとつの原因だろう。

海外で生活すること

外国に住んだからといって何も変わらない。日本にいた頃と同じ。2年間で知ったことや学んだことは確かにある。特にコミュニケーションの取り方は変わったと思う。日本にいる頃よりもはるかに具体的に表現するようになったし、逆に具体的なことを聞かないとムズムズするようになった。日本ではまず会ったことのない国の人と話すことで得られることも多い。コロンビア出身の子と「国は軍を持つべきかどうか」という話をしたのは面白かったし、フランス人と学校教育について話したことも興味深かった。でもこれは知見を広げただけであって、その瞬間から本質的な部分が変わったかというと、そんなことはない。

そういった知識や経験を手にしたとしても、普段の生活に変化はない。早起きできる人は早起きできるし、毎日コツコツ勉強する人は勉強するし、しない人はしない。行動力のある人は行動力があるし、ない人はない。それはどこにいても同じ。日本にいようが、アメリカにいようが、シンガポールにいようが、オーストラリアにいようが。

f:id:TAC-0008:20170829104239j:plain

やりたいことをやる

結局は自分が行動して変えていかなければならない。怖いことや恥ずかしいことに直面するだろうが、それでも勇気を持って行動しなければ。その行動の積み重ねがきっと本質的な部分も変えていくんだろう。美人のとなりに座れる人は、美人に告白した人だけなのである。やりたいことをやってる人は、やりたいことに挑戦した人だけなのである。

Beer at Pier

8/25 (Sat.)の仕事終わりに久しぶりにマンハッタンで飲んできた。
飲んだ場所が夏っぽさを感じさせてくれる素敵な場所やったんで、
とりあえずまとめておく。

Pier 66 Maritime
夏シーズン限定で登場。
ミッドタウンウエスト付近のハドソン川沿いにあるバージで
お酒やフードを楽しむことができる。
ここから眺めるサンセットも綺麗やったし、
バージ内の雰囲気もグランピングしてるみたいで良かった。
フードは大したことはないので、
どこかでお腹を満たしてから行くといい。

f:id:TAC-0008:20170827223418j:plain

f:id:TAC-0008:20170827223444j:plain

f:id:TAC-0008:20170827223441j:plain

f:id:TAC-0008:20170827223456j:plain

f:id:TAC-0008:20170827223504j:plain

f:id:TAC-0008:20170827223526j:plain

f:id:TAC-0008:20170827223540j:plain

f:id:TAC-0008:20170827223553j:plain

f:id:TAC-0008:20170827223602j:plain

 

読書猿氏の説明するフォーマルな文章に変換する4つの技術を試す

文章を書くのが下手だ。それは自分の考えを論理立てて表現できないからだとずっと思っていたが、それ以外にも下手な理由があることに気がついた。語彙力が圧倒的に足りてないのだ。語彙力が貧しいためインフォーマルな文章しか書けない。そういったわけで自分の文章を後で見返すと、具合が悪くなるくらい幼稚な文章に思えてしまう。だから余計に文章を書くのが嫌いになる。文章を書かなくなり、腕前が上がらない。だから下手なままなのである。

そんな自分に救世主が現れた。それが読書猿氏のブログにあるこちらの記事だ。

readingmonkey.blog45.fc2.com

この記事では、インフォーマルな表現をフォーマルな表現にする具体的な方法を教えてくれているのである。具体的に書かれているので実用的であることにまず感動したが、さらに感動したのは、表現を磨き上げることによって思考の解像度も高めることができるという点だ。読書猿氏曰く、インフォーマルな表現をフォーマルにしていくのに必要なことは、主張を特定化して厳密化していくことであり、そのプロセスをたどることによって、考え自体も洗練される、とのことであった。具体的な方法は以下である。

 

1. 動詞・形容詞の特定化

広い意味で捉えることができる表現を特定化するのである。たとえば「思う」にしてもさまざまな「思う」がある。フォーマルな表現ではこの「思う」を特定化して、より狭い語にする必要がある。

冒頭の文章の「思う」をこの方法で置き換えると、このようになる。

自分の考えを論理立てて表現できないからだとずっと思っていたが

自分の考えを論理立てて表現できないからだと決め込んでいた

イマイチしっくりこないが、「思う」よりはマシだろう。この作業を繰り返し行うことによって、思考そのものの解像度を上げていく。

 

2. 動詞、形容詞の名詞化と名詞の限定化

動詞や形容詞を名詞に置き換えつつ特定化することで、フォーマルな文章にすることもできるのだ。今回も冒頭の文章を利用する。

語彙力が貧しいためインフォーマルな文章しか書けない。

貧弱な語彙力のためインフォーマルな文章しか書けない。

名詞化で特定するのはそれほど困難ではない。その割にどことなく引き締まった文章に変換することができた。

 

3. 主語の非個人化

無生物主語を用いることで、人称代名詞を排除し、フォーマルな文章にすることができる。今回の文章では事例を使いにくいので割愛する。

 

4. データによる脱形容詞化

程度を表す形容詞は書き手の主観が介在するため、データを用いて客観的文章にする。たしかに客観的な文章は、どこか幼稚なイメージが排除される。今回は無理くり脱形容詞化を試してみた。

語彙力が圧倒的に足りてないのだ

成人平均の語彙量は45,000 - 50,000語に対して、私の語彙量は40,000語しかないのだ。

語彙推定テスト: こちらのサイトで語彙推定テストを受けられる。

なるほど、具体的なデータを示すことで、私がどれだけ語彙力が少ないかがより分かる。悲しいことではあるが、これが現実だ。

せっかくなので、最後に冒頭の文章をまとめてフォーマルな表現に変えてみた。

文章を書くのが下手だ。それは私見を論理立てて表現できないからだと決めつけていたが、他にも原因があることを此のほど察知した。不足している語彙力だ。成人平均の語彙量は45,000-50,000語あるのに対して、私の語彙量は40,000語に満たない。この貧弱な語彙量のためインフォーマルな表現しかできない。報告書などを後で振り返ると、幼稚な文章に具合が悪くなる程だ。それゆえ余計に文章を書くのが嫌いになる。当然文章を書く機会が減り、スキルは向上しない。だから下手なままなのである。

微かにではあるがフォーマルな引き締まった文章になったのではないだろうか。これを毎日怠らずに続けることで、いつかきっと洗練された文章を綴れるようになるだろう。